スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.6 出品日本酒:試飲会

  • 2009/01/26(月) 11:56:56

--試飲会出品酒--

【宮城県 一ノ蔵】
           純米酒 「掌」、      すず音、   ひめぜんDry
【長野県 武重本家酒造】 
         純米大吟醸生酒、     米米酒、  十二六(どぶろく)
【兵庫県 神戸酒心館】
         純米生酒しぼりたて、    米米酒、   あわ咲き
【島根県 一宮酒造】 
         純米吟醸「石見銀山」、    ばら酒
【広島県 賀茂泉酒造】 
         純米吟醸「山吹色の酒」、  米米酒

まず、一ノ蔵さんの「すず音」はもはや説明の必要はないですね。出品すれば「また飲みたい」という人ばかり。まさに鉄板です。
「ひめぜんDry」は第二回、日本酒Barで出品。Barのときは4日間中2日でなくなるほど大好評でした。ヘビーユーザーになってしまうかもしれません。
純米酒「掌(たなごころ)」は初お目見えです。文字通りこだわりぬかれた手づくりを味わいたいと思います。

武重本家酒造さんの「純米大吟醸生酒」これは間違いないでしょう。とにかく飲んでみたい。
個人的に楽しみな「十二六(どぶろく)」。どぶろくのイメージにない「低アルコール」のどぶろくなんて・・・あの独特な甘味、酸味、発泡のバランスがどうなっているのか気になります。

神戸酒心館さんの「純米生酒しぼりたて」は座談会のときにいただきました。「生しぼりたて」らしい旨みとフレッシュなのど越しがおいしいお酒です。
「あわ咲き」は第2回乾杯酒でした。1杯目のインパクトは参加者の日本酒イメージを覆すおいしさで、日本酒初心者の方に勧めれば喜ばれること間違いなし!

一宮酒造さんの純米吟醸「石見銀山」はお初です。ネームに目がいってしまいます・・・「石見銀山」楽しみです。
「薔薇酒」は第2回に出品、日本酒Barでは試飲用に出品させていただきました。変り種No.1、女性受け必至。こんな日本酒の楽しみ方もあったんだと驚いてください。

賀茂泉酒造さんの「山吹色の酒」は第2回、日本酒Barの出品伝統酒の中でピカ一の人気を誇っていました。日本酒の旨みがしっかりしていて日本酒好きの方にも初心者にもお勧めしたいお酒です。


そして「米米酒」。
このお酒には日本酒ライスパワーネットワークさんの試飲会で出会いました。
「このお酒があれば日本酒は若い人に受け入れられる!」これが最初の感想です。
武重本家酒造さん、神戸酒心館さん、賀茂泉さんの米米酒を今回出品します。
おのおのの米米酒を比べながら飲んでも楽しめますね。




とにかく2月6日が待ち遠しいです。

スポンサーサイト

SRN会報第25号

  • 2009/01/24(土) 15:19:19

2月6日に日本酒造会館で開催される「日本酒講座・試飲会」
このイベントの打ち合わせに行ってきました。

打ち合わせでは講演内容や試飲用のお酒のこと(次の記事に載せます。)を話し合いました。


それと前回の12月4日に行った「SRN会報向け座談会」の記事が出来上がりまして、
あがった会報をいただきました。


IMG_0985.jpg IMG_0986.jpg IMG_0987.jpg


4ページにわたり座談会の記事が書いてありました。

学生日本酒の会のメンバーみんなの意見がしっかり書かれていて感動です・・・
これを期に学生日本酒の会の活動が業界の方に知ってもらえたらいいなって思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。